• 新築一戸建て・高知の注文住宅建築工務店|イシンホーム高知西・(株)鎌倉建設

新築現場 ライブ報告

『お電話でのご予約はこちらから』
P:0120-018-656
M:088-824-0103

 ご予約フォームを用意しております。
 右のボタンから 構造見学会ご予約

H29.11.3

屋外のガレージ工事が進んでいます。
外壁も綺麗に貼られ、内装も順調に完成に向かっています!

H29.10.10

本日は階段の施工を行っています!
落ち着きのある色味でとてもきれいですね。
今は、傷がつかないように養生ボードが貼られています。
完成した時が楽しみですね。

H29.10.10

室内の下地ボードが貼られています。
今まで見えていた筋交いや柱などの構造材にボードが貼られていき、 徐々に部屋の形が完成していきます!!

H29.9.14

本日はウレタン断熱材の施工を行っています!! 面白いですよ。 吹き付けるとどんどん断熱材が盛り上がってきます。 なぜ一般に使われているコストの安いグラスウール断熱材を使わず、 コストの高い吹付断熱材を使うのかを説明します。
グラスウール断熱材はどうしても木材と断熱材の間に隙間が出来ます。 それに比べ、現場施工の吹き付け断熱材は現場で吹き付けするので、 手間がかかりますが、隙間ができにくいのです。 柱と断熱材が密着するからです。
すごい迫力です。
日本よりもっと寒いマイナス10℃以上の地域でも使われている世界で最高ランクの工法です。 イシンホームの家で最も自慢できるスペックのひとつ”断熱”です。

H29.9.5

現在、防蟻処理を行っています。
住宅へシロアリの被害が出ないよう、 床下から柱、壁に至るまで防蟻材を入念に散布します。
床下気密工法を採用しておりますので、 人に害が及ばないよう非常に安全な防蟻材を採用しております。

H29.9.4

現在、外壁下地の反射断熱シートを家中ぐるっと貼っています。
従来の家に比べて、吹付断熱と反射断熱シートを併用するので、従来の家の約2.4倍の断熱性能がある外壁下地になります。
製品は、アメリカのデュポン社のものです。 宇宙服と同じような反射効果で、家を外から包んで熱を入れません。 内断熱と外断熱を併用しているので、最高の断熱構造にもなります。
家の外側に3センチほどの断熱材を貼り付けしたのと同じような効果があると、 メーカーによる試験結果が出ています。
おまけにこの材料は、湿気は外に出すのですが雨は中に入れません。 呼吸する材料です。

H29.8.29

本日、屋根に足場が付きました!!
通常、屋根には足場が付かないのですが、今回は屋根の勾配の 関係で設置するようになりました!!

H29.8.29

外壁の下地ボードを貼っています。 普通の下地合板と同じに見えますが、地震に対しての強さが違います。 地震に対しての強さは、建築専門用語で「壁倍率」と言いますが数値が 「壁倍率 約3」です 一般筋交い工法に比べて2倍の強度です。 強くするため圧縮プレスして強度を上げている特殊合板です。 金物と併用して強くしています。

H29.8.24

現在、新築の骨組みが出来上がりました!
内側の構造は今しか見る事ができません!
「耐震」「減震」「断熱」などの工法を 目で見て、手で触れてください!!
鎌倉建設一同、お客様のご来場、
心よりお待ちしております。

H29.8.21

基礎工事が完成しました。 普通の基礎でなく、床下換気口が外部にありません。だから冬に冷たい空気が床下に入りません。北海道のような特殊断熱基礎です。 さらに外周部の基礎の内側には、断熱材を貼り付けています。 住み始めると冬に足元が冷えないのがよく分かります。 また、床下が密閉された防災層なので、水害があっても床下に水が入りにくく、 気密構造で外部と遮断するのでシロアリ防止にもなります。